金に関する情報が満載!

ぴかぴかの金

金を買取で得した気分に

引越しや大掃除などでいらないものが想像以上に出てきたとき、その大量な物を捨ててしまうのは抵抗があります。
どうせならリサイクルショップにでも買取ってもらって新しい家具や装飾品を買いたい、あわよくば引越し費用の足しにしたいと思うのは当然のことです。
しかし実際に売ってみると買取金額は予想の遥か下、結局は二束三文ということもよくあることです。
このような状況の時に見落としがちなのが、金です。
記念金貨やちょっとした金塊などは使うということがないので、大掃除や引越し、遺品整理などのタイミングで思いもしないところから出てくることもあるかもしれません。
そこまで豪華な品でなくても、18金のピアスやネックレス、指輪といったアクセサリー類にわずかでも金が使われていれば、それは立派な金として扱われます。
そうして見つけた金も「使わないけど取っておこう」と思ってしまいがちですが、それはとてももったいないことです。
先に述べた不用品とは真逆で、金の買取金額は予想を大きく上回ることのほうが多いです。
新しい生活を華やかにしてくれる、そんな可能性を秘めています。
せっかく見つけたのなら使わずに眠らせて忘れ去る前に、もしくは忘れかけていた金の存在を思い出したなら、その機会に査定してもらうことをおすすめします。

金買取の内容と売り方

金買取で確認されるポイントとして、重量がどれ位あるかです。
金の価値を決定するのは正味の重量であり、重量があるほど価値が高くなります。
その為、査定の際には重量チェックを行いますが、適正に量ってもらうことが大切ですので、信頼のできる業者に相談することが大切です。
金製品によっては重量だけでなく、ブランドや歴史的価値なども加味されて価格が決定されることもあります。
例えばブランドの金時計ならブランド品としての価値がプラスされることがありますし、骨董品なら歴史的価値も買取価格に加わることがあるのです。
ただし査定方法は業者によって違ってくることがありますので注意しなければいけません。
中には純粋に金としての価値しか付けてくれないような業者もあり、ブランドや骨董品などでもプラスαの価格が付かないこともあるのです。
そういった業者よりもトータルで価値を付けてくれるところの方が高値で売れると言えますので、業者選びも非常に重要になってきます。

recommend

2017/5/26 更新

COPYRIGHT(C) ぴかぴかの金 ALL RIGHT RESERVED